聖書 そこにある真実

真実の百科事典 聖書を中心として諸々から紹介

ロシアとイラン(Russia and Iran)

みなさんこんにちは。梶原です。

 

さて、去る2月25日、バイデン政権アメリカが、シリアの親イラン民兵基地に空爆を実施しました。シリア内戦でイランがアサド政権を支援している関係だそうですが、そもそもアサド政権は抑圧者なのでしょうか?アサド政権は少数派イスラーム教徒のアラウィー派が主流である社会主義者なのが理由なのですが、信教の自由を守り、シリアをテロ組織(ムスリム同胞団アルカイダ、IS)から守っています(ムスリム同胞団イスラエル殲滅を掲げるハマースの母体であり、また数十年前にはシリアでシーア派キリスト教徒を大量虐殺した過去があります)。先ずはそこをわきまえないといけません。

 

さて、話をイランに変えますと、イランはロシア同様、世界の終わりにイスラエルを攻撃する国々(東側諸国)の中に名前が入っています(エゼキエル38)。またシーア派を国教とし、他宗教に厳しい制限をかけています。そんな福音と縁がないように見える彼らでも、シリアでテロと戦う政府を支援するといった形で、主のわざに密接に関係しているのです。

ダヴィデに取って代わられ、主に見放された王サウルに関して、興味深い聖書箇所があります。

 

そこでサウルはダヴィデを捕らえようと使者たちを遣わした。彼らは、預言者の一団が預言しており、サムエルがその監督をする者として立っているのを見た。そのとき、神の霊がサウルの使者たちに臨み、彼らもまた、預言した。サウルにこのことが知らされたとき、彼はほかの使者たちを遣わしたが、彼らもまた、預言した。サウルはさらに三度目の使者たちを送ったが、彼らもまた、預言した。そこでサウル自身もまたラマへ行った。彼はセクにある大きな井戸まで来たとき、「サムエルとダヴィデはどこにいるか」と尋ねた。すると、「今、ラマのナヨテにいます」と言われた。サウルはそこからラマのナヨテへ出て行ったが、彼にも神の霊が臨み、彼は預言しながら歩いて、ラマのナヨテに着いた。彼もまた着物を脱いで、サムエルの前で預言し、一昼夜の間、裸のまま倒れていた。このために、「サウルもまた預言者の一人なのか」と言われるようになった。(第一サムエル19:20〜24)

 

主は、救いの見込みがない人も、ご自身のわざに用いられることがあります。また預言の見地からして、シリアなどシーア派諸国が東側に傾斜していくのは時代の流れです。アサド政権が本当に残忍なだけの抑圧者なら、国民に見放され、もしかするとロシアやイランにも見放されて自滅してしまうでしょう。しかしアサド政権が反体制派には厳しい一面を持ちつつも、シリアの自由を守っているからこそ、国民の多く、またロシアやイランが彼を支持するわけです。またそれを通してロシアやイランとシリアの絆も強まっていくのです(エゼキエル38の見地からすると必然です)。その場合、何者もアサド政権を覆すことなどできず、それを続ける場合、西側諸国は主のご計画の邪魔をし、主に敵対することとなってしまうのです。

 

そこで今、あなたがたに申したいのです。あの人たちから手を引き、放っておきなさい。もし、その計画や行動が人から出たものならば、自滅してしまうでしょう。しかし、もし神から出たものならば、あなたがたには彼らを滅ぼすことはできないでしょう。もしかすれば、あなたがたは神に敵対する者になってしまいます。(使徒5:38〜39)

 

私たちは、主の民イスラエルと東アジアの自由の砦台湾(中華民国)に対する責任を全うしつつ、東側諸国の長所を考慮し、互いに支え合う必要があります。そうすることが世界の平和、自由、幸福の確保に貢献するものと思われます。

 

最後に、全てをご自身の大能のわざに繋げられる主の御名はほむべきかな。

 

Good afternoon everyone. I am Satoki Kajihara.

 

Well, on February 25th, Biden administration US carried out the airstrike against pro-Iranian militia base in Syria. It is by the relation that Iran supporting Assad administration on Syria Civil War, but is Assad administration an oppressor in the first place? From they are Alawites, Minoritic Muslim, and socialists, Assad administration protecting freedom of religion, and protecting Syria from terrorists (Muslim brotherhoods, Al-Qaeda, IS) (Muslim Brotherhood is the Mother of Hamas, who advocating the annihilation of Israel, and on decades ago, they massacred many Shiites and Christians in Syria.) First of all, we must understand it.

 

Well, change the topic to Iran, Iran is one of the members that attack Israel in the end of this world (Eastern countries) (Ezekiel 38). And their state religion is Shiites, and they placing strict restrictions against other religions. Even those who seem to have nothing to do with the Gospel are closely relating to the work of the Lord in the form of supporting the government to fight against terrorism in Syria.

There is an interesting Bible Scripture about King Saul, who was replaced to David and was abondoned by The Lord.

 

So he sent men to capture him. But when they saw a group of prophets prophesying, with Samuel standing there as their leader, the Spirit of God came on Saul's men, and they also prophesied. Saul was told about it, and he sent more men, and they prophesied too. Saul sent men a third time, and they also prophesied. Finally, he himself left for Ramah and went to the great cistern at Seku. And he asked, "Where are Samuel and David?" "Over in Naioth at Ramah," they said. So Saul went to Naioth at Ramah. But the Spirit of God came even on him, and he walked along prophesying until he came to Naioth. He stripped off his garments, and he too prophesied in Samuel's presence. He lay naked all that day and all that night. This is why people say, "Is Saul also among the prophets?" (1 Samuel 19:20~24)

 

The Lord use one who not having chance of salvation. And from Prophetic view, tilting to Eastern countries by Shiite countries like Syria is trend of the times. If Assad administration is only a brutual oppressor, it will be abondoned by Syrian people, and perhaps even Russia and Iran and some other countries abondoned it, and destruct by itself. Assad administration having a strict side to dissidents, but it protecting the freedom of Syria, that's why most of Syrian people, and Russia and Iran and some other countries support him. And it make bonds between Syria and Russia, Iran more stronger (It is inevitable from the perspective of Ezekiel 38). In that case, nothing can overturn Assad administration, and if Western countries continue it, they interfere with the Lord's plan and become hostile to the Lord.

 

Therefore, in the present case I advise you: Leave these men alone! Let them go! For if their purpose or activity is of human origin, it will fail. But if it is from God, you will not be able to stop these men; you will only find yourselves fighting against God." (Acts 5:38~39)

 

We need to take responsibility for the Lord's people Israel and the bastion of freedom in Eastern Asia Taiwan (Republic of China), and at the same time, we need to consider the strength points of the Eastern countries, and support each other. Doing so will contribute to ensure the Peace, Freedom, Happiness of this world.

 

Finally, be admired the name of the Lord who connect anything to his great work.