聖書 そこにある真実

真実の百科事典 聖書を中心として諸々から紹介

朝鮮史シリーズ第21回 日本の朝鮮統治

みなさんこんにちは。梶原です。

今回は、日本の朝鮮統治について書きます。

 

1910年、日本は韓国(旧朝鮮王朝)と条約を結び、韓国を併合します。1919年には高宗の死去を日本による毒殺であるというデマが流れ、これに乗じて朝鮮独立派が暴動を起こしますが、鎮圧されます。これによって朝鮮独立派は次々と国外逃亡し、日本は武断政治(警察と軍隊を統合するほど強硬で、そうしなければならないほど朝鮮の治安が悪かった)から文治政治(協力者養成を基としている)を基とするようになります。

日本の朝鮮統治は、実にとんでもなく、歴史に名を残す「暴政」だったわけです。

1 朝鮮の人口を2倍以上に増やしました。

2 24歳だった平均寿命を60歳に伸ばしました。

3 身分制を廃止し、人口の3割を占めていた奴隷(両班に逆らえば苦しめられながら殺されていた)を解放しました。

4 幼児売春や幼児売買を禁止しました。

5 家父長制を制限しました。

6 庶民や女性が名前を名乗ることを許しました。

7 度量衡を統一しました。

8 道ごとに異なっていた言語を統一して標準朝鮮語を創りました。

9 朝鮮王朝前期に創られたものの、両班が禁止させていた民族文字のハングルを普及させました。

10 小学校を5200校以上、師範学校や高等学校を1000校以上建てました。

11 識字率を4%から61%に引き上げました。

12 大学や病院を建て、呪術医療を禁止しました。

13 上下水道を作り、路上での排泄や河川の極度の汚染が当たり前だった状況を改善しました。

14 朝鮮人には第二次世界大戦終戦前の1年しか徴兵制を適用せず、内地(日本本土)への勤労動員だけで済ましていました。

15 志願兵の朝鮮人が戦死したら、日本人と同様に供養しました。

16 100キロだった鉄道を6000キロに延ばしました。

17 港や発電所北朝鮮の国章に書かれているダムは日本製)を作りました。

18 貨幣をもたらし、物々交換から市場経済へと転換させました。

19 貴族以外でも二階建ての家に住めるようにしました。

20 入浴の文化をもたらしました。

21 焼畑農業と乱伐で禿山となっていたところに6億本の木を植え、ため池(韓国では現存しているものの半分は日本製)もつくりました。

22 道路や橋を整備しました(それまでは川伝いに往来するだけで、川は渡し船かそのまま渡るか)。

23 近代農業をもたらして耕作地を2倍にし、収穫量も3倍に伸ばしました。

24 女性が乳を出させられていたのを禁止しました。

 

といった「暴虐」を働いたのです。

ベルギーに支配されていたコンゴ(旧ザイール)は、2000万人から3000万人いた人口が飢餓によって800万人に減りました。オランダに支配されていたインドネシアでは30万人が餓死しました。このように欧米列強が支配した植民地では、民は飢えが蔓延するほど徹底的に搾取されました。

日本はどうでしょう?産業の成長率は1920年代から1930年代に4.5%に成長しています。同時代のインドは朝鮮よりはるかに豊かで広大であったにもかかわらず、収奪と第一次産業への特化で1%にとどまりました。朝鮮の産業ごとの割合をまとめると

第一次産業:75%(1910年)→45%(1930年代後半)

第二次産業:7%(1910年)→22%(1930年代後半)

第三次産業:18%(1910年)→33%(1930年代後半)

です。

また日本がしたことは

人口:1300万人(1910年)→3000万人(1940年)

米生産高:2億8000万円(1910年)→7億1000万円(1940年)

工業生産:13億円(1910年)→86億円(1940年)

といった統計にも表れています。

またハングルも、日本の統治時代に定着しました。朝鮮で金玉均ら開化派が独立運動を展開している時、福沢諭吉はこれを支援する一方で、朝鮮独立を想定してハングルを広める計画を立てます。福沢諭吉の弟子で、慶應義塾の門下生の一人であり、1882年の壬午軍乱から1884年の甲申事変まで朝鮮政府の顧問を務めた井上角五郎が、これを実施します。

彼は1883年、漢城旬報(ハンソンスンポ)という朝鮮最初の新聞を発行します。これは全て漢文で、1年で廃刊になりましたが、1886年に発行された漢城周報(ハンソンジュポ)は漢文と国漢文(朝鮮語の訓読みを元とした独自の漢文で、井上の提案によって朝鮮人儒学者が創造したもの)とハングルによって書かれました。この新聞は創業2年で廃刊となり、発行部数は3000部にとどまりましたが、1896年にはハングルのみで書かれた初の新聞である独立新聞(ドクリプシンムン)が3年間発刊されました。

1894年、ハングルが実用化され、1912年には普通学校用諺文綴字法(ふつうがっこうようおんもんていじほう)によって表記法と文法が統一されます。1930年には諺文綴字法(おんもんていじほう)によって統一朝鮮語が体系化され、日本統治時代終了後の1947年には北朝鮮が、1948年には韓国がそれぞれハングル以外での朝鮮語表記を禁止します。

このように、日本は搾取の対象である植民地としてではなく、外地(内地・本土の延長)として朝鮮を統治したのです。そして日本統治時代によって、貴族以外は奴隷として扱われ、民族や国家としての意識も全くなく、極度の貧困と疫病と暴力に満ちた国は、近代国家となり、世界の国々の仲間入りが果たせるようになります。それを見ると、この言葉の真実がわかります。

 

神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださることを、私たちは知っています。(ローマ8:28)