聖書 そこにある真実

真実の百科事典 聖書を中心として諸々から紹介

がん

がんとは、異常に早く成長し、周囲の細胞を破壊し広がっていく悪性腫瘍です。

早期発見しないと死亡する確率が極めて高く、効果のある治療法は極めて少ないです。

ただし、昔の日本人が実践していた方法があります。

それは、42度くらいのお湯に全身浴で10分浸かるというものです。

こうして体の免疫力を高めるものです。

ただし、食品添加物など過度に精製された食品を控える、体を冷やさない、コーヒーなどで体を弱アルカリ性に保つなどの方法もあります。

ただいずれにせよ効果が立証されていない抗がん剤、人体に負担がかかる外科手術、またむやみに健康診断の誤診(良性腫瘍をガン細胞と間違えるなど)を信じ切ってしまう、がん細胞に簡単に太刀打ちできないのに下手に免疫力を使う免疫療法に頼るようなことはやめましょう。

人体はもともと自然界と共存してきた(人も自然界とともに神様に作られたから。このことは旧約聖書の創世記1〜2章にあります。)ため、このようなコツを凝らせばどんな病気もほぼ治るんです。また診断結果も本当にそれが正しいのかを見極めることも大事です。

いろんな情報が溢れる世の中で、ただ一つ変わったことのない聖書こそが真実なんです。聖書に書かれた本当の救い(イエスキリストを救い主として受け入れること)を受け取ってください。心からお勧めします。

出典元:神尾哲男-がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事-