聖書 そこにある真実

真実の百科事典 聖書を中心として諸々から紹介

言語の分類 2

では、聖書から言語を分類してみると、

1 セムの子孫

エラム(エラム)

アッシュール(アッシリア人。彼らの発祥地と最高神の名前)

アルパクシャド(ヘブライ人。アルパクシャドの子エベルは古代シリアの大都市エブラの名前の由来とみられる。この都市から聖書の登場人物の名が書かれた板が大量出土した。エブラが変化してヘブライになったと思われる。)

ルデ(リディア)

アラム(アラム)

アラムの子孫

ウツ(ネゲブ原住民)

フル(フルリ人、ウラルトゥ)

ゲテル(ゴラン高原の古称ゲシュルの由来。ダマスカス・アラムの先祖となる)

マシュ(クウェート付近の原住民)

アルパクシャドの子エベルの子孫

ペレグ(イスラエル、アラブ)

ヨクタン(アラビア原住民。聖書には彼らについてさらに詳しく書いているが、彼らはほとんど文字を残していないため、詳細はわからない。ただ南アラビアのヒムヤルはアビマエル、ハツァルマベトはハドラマウト、ハドラムはディルムンの語源になっている。実際古代南アラビアのこれらの国々は言語が極めて近縁関係にある。)

2 ヤフェトの子孫

ゴメル(キンメリ人)

マゴグ(コーカサス諸民族)

マダイ(メディアの語源。インド・イラン諸民族)

ヤワン(イオニアの名前の由来)

トバル(シベリア諸民族、ウラル・アルタイ語族、トカラ、エスキモー・アレウト語族)

メシェク(バルト三国スラヴ人。モスクワの語源)

ティラス(トラキア。その語源)

ゴメルの子孫

アシュケナズ(ゲルマン、ケルト)

リファト(ダキアアルバニア)

トガルマ(アルメニアアナトリア)

ヤワンの子孫

エリシャ(ギリシャ。その自称ヘラスの語源)

タルシシュ(イベリア半島原住民ことバスク人)

キティム人(ラテン系諸民族)

ドダニム人(ロードス島)

 3 ハムの子孫

クシュ(ヌビア、ナイル・サハラ語族)

ミツライム(エジプト)

プト(ベルベル人)

カナン(カナン、フェニキア)

クシュの子孫

セバ()

ハビラ()

サブタ()

ラマ()

サブテカ()

ニムロド(シュメール人。シュメール語は他の言語と大きく異なる。)

ラマの子孫

シェバ(セム系のシェバと混血し、サバ王国を建国)

デダン()

ミツライムの子孫

ルデ人()

アナミム人()

レハビム人()

ナフトヒム人()

パテロス人(ナイル川下流域。現在のエジプト)

カスルヒム人(ペリシテ人。現在のガザ地区北隣に住んでいた。のちに海の民として移住してきたクレタ人に吸収される。ここではペリシテ人と区別してカスルヒム人と呼ぶ。)

カフトル人(クレタ島原住民。ミノア文明を作り、子孫は海の民としてパレスチナ南西に移住。世に言うペリシテ人となる)

カナンの子孫

シドン(フェニキアの一大都市シドン)

ヘト(ヒッタイト)

エブス人(エルサレム原住民)

アムル人(アムル人)

ギルガシ人(ガリラヤ湖東岸原住民)

ヒビ人(ヨルダン川源流流域原住民)

アルキ人(現在のエルサレムとテルアビブの間にいた原住民)

シニ人(シナ・チベット語族)

アルワド人(アラドゥスことアルワド島)

ツェマリ人(シリアとレバノンの国境の海岸の古代都市スムル)

ハマト人(ハマト)

言語の分類 1

この世界には様々な言語があって、大語族、語族、語派、語群、言語のランクで分類されています。

一般的には主に以下のように区分されています。

ニジェール・コンゴ語族(サハラ砂漠以南のアフリカの大半)

オーストロネシア語族(太平洋沿岸の大半とマダガスカル)

トランス・ニューギニア語族(ニューギニア島とその周辺)

シナ・チベット語族(中国及びチベット)

インド・ヨーロッパ語族(ヨーロッパと北アジアの大半及びイランからインド)

オーストラリア語族(オーストラリア)

アフロ・アジア語族(西アジア北アフリカ)

ナイル・サハラ語族(サハラ砂漠周辺)

オト・マンゲ語族(メキシコとその周辺)

オーストロアジア語族(インドシナ半島東半分)

タイ・カダイ語族(インドシナ半島西半分)

ドラヴィダ語族(インド南部とその周辺)

トゥピ語族(南米の大半)

エスキモー・アレウト語族(北アメリカの北極海沿岸)

マヤ語族(ユカタン半島)

コイサン諸語(アフリカ北西の一部)

またアイヌ語バスク語のような、他の言語との関連性が極めて薄いとされる言語は孤立した言語と呼ばれ、カッシート語やミノア語のような未だよく研究されていない言語は未分類言語とされています。

また大語族という見方もあります。主に以下の味方です。

世界祖語:メリット・ルーレン(1944〜)が提唱。

ノストラティック大語族:ホルガー・ペデルセンが提唱。インド・ヨーロッパ、アフロ・アジア、ウラル・アルタイ、ドラヴィダ、エスキモー・アレウトの総称。

ユーラシア大語族:ジョーゼフ・グリーンバーグ(1915〜2001)が提唱。エトルリア、インド・ヨーロッパ、ウラル・アルタイ、ユカギル、朝鮮語、日本語、アイヌ語、チュクチ・カムチャツカ、ニヴフエスキモー・アレウトの総称。

インド・太平洋語族:上記と同人が主張。タスマニア、大アンダマン、ニューギニア、ワスンダ・ニハリの総称。

アメリンド語族:上記と同人が主張。全インディアン(除ナ・デネ、エスキモー・アレウト)の総称。

オーストリック大語族:ヴィルヘルム・シュミット(1868〜1954)が提唱。オーストロネシア、オーストロアジアの総称。(タイ・カダイ、ミャオ・ヤオを含むことも。)

デネ・コーカサス大語族:ジョン・ベントソン(1948〜)が主張。シナ・チベット、ナ・デネ、エニセイ、古典アキテーヌ、北東コーカサス、北西コーカサス、ブルーシャスキーの総称。

ボレア(北半球)大語族:セルゲイ・スタロスティン(1953〜2005)が提唱。

パプア大語族:パプア地域の言語集団を六つに区分している。

それでは、次回は言語分類を聖書の観点で見ていきましょう。

大陸

大陸(地球の表面積5億1006万5600平方kmのうち1億4864万7000平方km)とは、十分な水域で区切られた、切れ目のない主要な陸地のことです。

地質学や地球物理学では、大陸棚(深さ200m以下の海底)を含む花崗岩でできた地殻(地下35kmまで)のことです。

文化的に見れば、大陸は大陸棚以外の陸地や海底を含むので、地球の陸地はもれなくいずれかの大陸に属することになります。

ちなみにヨーロッパとアジアはウラル山脈で分けられていて、ヨーロッパ中心主義の観点から始まったものです。

ちなみにオリンピックの五つの輪は大陸ではなく地域による区分です。

地球には、以下の大陸があります。(人口は2008年時点)

アフロ・ユーラシア大陸

(人口20億4091万1000人

面積8437万平方km

最高点エベレスト山8848

最低点死海-422)

アメリカ大陸

(人口9億1072万588人

面積4233万平方km

最高点アコンカグア山6960

最低点カルボン湖-105)

オーストラリア大陸

(人口2200万人

面積900万8500平方km

最高点コジオスコ山2228m

最低点エーア湖-15m)

南極大陸

(人口1000人

面積1372万平方km

最高点ヴィンソン・マシフ4892

最低点ベントリー氷河底地溝-2540

露出したところではベストフォードヒルズ-50)

またアメリカ大陸をパナマ運河を境に南北に、アフロ・ユーラシア大陸をユーラシアとアフリカ、さらにユーラシアをアジアとヨーロッパに分けることができます。

また微小大陸(ケルゲレン海台など)、大陸断片(マダガスカルなど大陸から離されたのがはっきりわかる島)、古代大陸、未来大陸、亜大陸(グリーンランドなど)もあります。

ちなみに伝説では、アトランティス(大西洋上)、レムリア(インド洋)、ムー(太平洋上)、ヒュペルボレイオス(北極)、トゥーレ(北極)、パシフィス(太平洋上)、メガラニカ(南半球)などの大陸があります。

ちなみにこれらの伝説の根拠は海底遺跡が大半なのですが、このことについてはまた後ほどノアの大洪水の記事で書こうと思います。

大陸という概念の歴史に関しては地図の記事で詳しく書こうと思います。

金星には、広い順にアフロディーテ大陸、イシュタル大陸、ラダ大陸の三つの大陸があります。

金星ではプレートテクトニクスが確認されておらず、高地が生まれた仕組みがまだわかっていません。

ちなみに大陸の高山の地層などを見ると、短時間で強く曲げられたとわかるものが見られ、聖書のこの記事と合致します。

水は、いよいよ地の上に増し加わり、天の下にあるどの高い山々も全て覆われた。(創世記7章19節)

これほどの強い洪水が来れば、土砂災害の凄まじさで地形が大きく変貌してしまうのは、セントヘレンズ山の大噴火(1980)後の大洪水を見ても明らかです。(詳しくはWikipediaのセントヘレンズ山の記事にあります。)

これからしても、プレートがノアの大洪水で動いたことは明らかです。

がん

がんとは、異常に早く成長し、周囲の細胞を破壊し広がっていく悪性腫瘍です。

早期発見しないと死亡する確率が極めて高く、効果のある治療法は極めて少ないです。

ただし、昔の日本人が実践していた方法があります。

それは、42度くらいのお湯に全身浴で10分浸かるというものです。

こうして体の免疫力を高めるものです。

ただし、食品添加物など過度に精製された食品を控える、体を冷やさない、コーヒーなどで体を弱アルカリ性に保つなどの方法もあります。

ただいずれにせよ効果が立証されていない抗がん剤、人体に負担がかかる外科手術、またむやみに健康診断の誤診(良性腫瘍をガン細胞と間違えるなど)を信じ切ってしまう、がん細胞に簡単に太刀打ちできないのに下手に免疫力を使う免疫療法に頼るようなことはやめましょう。

人体はもともと自然界と共存してきた(人も自然界とともに神様に作られたから。このことは旧約聖書の創世記1〜2章にあります。)ため、このようなコツを凝らせばどんな病気もほぼ治るんです。また診断結果も本当にそれが正しいのかを見極めることも大事です。

いろんな情報が溢れる世の中で、ただ一つ変わったことのない聖書こそが真実なんです。聖書に書かれた本当の救い(イエスキリストを救い主として受け入れること)を受け取ってください。心からお勧めします。

出典元:神尾哲男-がんで余命ゼロと言われた私の死なない食事-

シャンプー(洗髪剤)

頭を洗う洗剤のこと。石鹸と合成洗剤のもの、また液体と粉末があります。

髪の毛質によって様々なものが研究され、市販されており、リンスと一体になったものもあります。

ただ頭の皮脂は細菌や乾燥から皮膚を守っているものであるため、あまりシャンプーで頭を洗いすぎると逆に頭が臭くなってしまいます。

かと言って洗わなさすぎても臭くなってしまいます。

だから三日に一回ワンプッシュくらいが理想です。実際僕も頭をシャンプーで洗いすぎた時には頭が臭いとよく言われました。

しかし三日に一回ワンプッシュ方式をすれば頭が臭くなくなりました。

だからこの方法で頭を洗うことをお勧めいたします。

出典元:ex-word dataplus4 ブリタニカ国際大百科事典-シャンプー-

    電撃ランキング-日常生活で間違っている習慣8選-

日本

歴史

紀元前2000〜紀元前400頃 縄文時代

三内丸山遺跡をはじめとする大規模集落は北から増えていったため、アイヌ民族による文化と思われる縄文文化。のちに来る弥生人たちとアイヌ民族の混血が私たちである。

アメノミナカヌシという唯一神を中心とした宗教をこのころから信奉しはじめた。高天原神話は人々が口頭伝承した聖書の記事が曖昧になったことで出来上がったのだろう。

紀元前400頃〜200年頃  弥生時代

中国に戦国時代が到来し、大陸から難民が続々と朝鮮や日本に到来。

3世紀半ば 邪馬台国(卑弥呼による日本最初の統一政権。彼女の死後形骸化。)

4世紀初頭 大和の有力部族(のちの天皇家)が日本を軍事力で統一。

4世紀末  難波よりホムワタケ(応神天皇)、忍熊王を倒し、王位簒奪。

この頃急速に古墳が増える。同時に皇族の腐敗と伝統宗教との癒着始まる。

539 仏教伝来。革新派の蘇我氏が急成長。保守派の物部氏と敵対。(以上古墳時代)

皇族と巫女の不義密通が常態化するなどし、伝統宗教が仏教に急速に押される。

587 蘇我氏物部氏を打倒。

592〜622 聖徳太子の政治

天智天皇天武天皇は不和

聖武天皇の影響で奈良後期皇族仏教に熱心に帰依し、大胆で機略持った僧兵が威張る 

摂関政治天皇家と藤原家の対立で失敗し、白河法皇院政を始める。このころは民衆が末法思想などの迷信に囚われていた時代で、それから白河法皇は民を救った。

しかし院政天皇上皇法皇の対立で失敗し、日本は失敗国家化。

源頼朝鎌倉幕府を建て、日本に再び平和が訪れる。

源氏の滅亡後、後鳥羽上皇鎌倉幕府打倒を試みるが、人心をつかんだ幕府に大敗、失脚。

1274 文永の役

1281 弘安の役

元の平和交渉を野蛮なやり方で応じた鎌倉幕府が受けた侵略で、恩賞をもらえなかった武士の不満が爆発。北条高時ら幕府重鎮は無能のゆえに後醍醐天皇の勢いを止められなかった。そして後醍醐天皇隠岐に流すも時すでに遅く、必死で戦った後醍醐天皇の前に幕府軍は敗北を重ねた。

1333 鎌倉幕府滅亡。しかし後醍醐天皇の政治(建武の新政) は公家を甘やかしすぎたため、武士のために立ち上がった足利尊氏に敗れ、大和吉野山に逃走。籠城。

1392 足利尊氏の孫足利義満南北朝合体。足利氏の平和政策を完成。

戦国皇室は筆を売るほどの、極限の貧しさにあった。

井伊直弼岩瀬忠震らは、アメリカへの平和のために条約調印を堂々と主張し、井伊直弼が偽の調印をすることでアメリカなど欧米列強と戦争せずに済んだ。

徳川幕府は窓口制限しただけで、海外事情に疎くなかった。

井伊直弼は「この条約は仮のものである。」と言っているから、彼の調印はうわべだけのものである。 

徳川慶喜、フランスの力を借りて軍の近代化と政治の改革を図る。

薩長を懐柔したイギリス、グラバーを通して彼らを動かし、徳川幕府を滅ぼす。そして天皇の専制政治を確立させる。

米騒動は貧困と飢餓に喘いだ民のアクションで、私利私欲にまみれた富豪と癒着した政府は、ソビエトに向けるはずの武器を国民に向け、これを圧殺した。

出典元:大川周明-日本二千六百年史-

              西鋭夫-明治維新という過ち-

              ウィキペディア-日本神話-

 

言語について 概要

言語とは、音声や文字を用いて、事態(思想・感情・意志など)を伝えるために用いる記号体型です。また、それを用いる行為のこともさします。

ソシュール(1857~1913、スイスの言語学者)以来、共同体の用いる言語体系をラング、個人の言語活動をパロールといいます。

大雑把に分けると、言語は音声言語とこれを前提とする文字言語にわかれ、思考の発展は大半が文字言語によるものです。

音声言語は発話と了解を基礎とし、言語単位(音素、形態素、単語)をもとに音韻体系、文法体系(形態体系、統辞法)を構成します。

音韻と意味、文字と音韻・形態素・単語の連合は社会習慣によります。

言語の数は約3500と推定され、分岐的(祖語-語族、方言)発達と統一的(共通語志向)発達の2傾向を示します。

これら自然言語に対し、国際語(エスペラントなど)や、理論的普遍言語(諸科学に共通)を人工語といいます。

近代以降の世界と人間の記号化の進行とともに自然科学の諸分野では記号言語への接近が目立つが、記号に還元されない言語の本質についての省察言語哲学の隆盛をもたらしている。

 

詳細は後ほど書く言語の一覧と文字の一覧へ。

出典元:ex-word dataplus4 ブリタニカ国際大百科事典-言語-