聖書 そこにある真実

真実の百科事典 聖書を中心として諸々から紹介

日本国憲法について

今日は日本国憲法公布71年です。

安倍首相が自衛隊について書き加える改憲案を明示して、憲法改正に向けた動きが加速しています。

日本国憲法の三原則は、97条〜99条によると、

1 基本的人権

2 憲法、条約および国際法の遵守

3 憲法尊重擁護の義務

です。又それらを一言で表した条文は、25条の

1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。

です。(2項は、1項の補足なので、ここでは割愛させていただきます。)

しかし今一番話題になっているのは、戦争の放棄を謳った9条です。

その内容を見てみましょう。

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(国際紛争解決のための戦争放棄

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。(戦力不保持)

この解釈は三つあって(この違いは、戦後ずっと論争の種になってきました。)、その内容は、

1 自衛戦争も放棄

2 侵略戦争を放棄し、専守防衛に徹する

3 平和のためなら、自国の防衛と関係なしに他国での戦闘も容認する

です。

そもそも日本国憲法とは、理想が並べ連ねられていますが、アメリカが日本を占領していた時に日本支配を徹底させるために作ったものです。

事実、アメリカは日本国憲法を作る時に、日本側の改憲案をすべて一蹴しています。

そんな中で、社会党議員でクリスチャンの芦田均(1887~1959)は、非武装中立を謳った憲法9条を読んで危機感を抱き(在日米軍なしに日本を防衛できないため。東西冷戦がエスカレートしていた当時、自国を防衛できるかは一国の存続に関わった)、「全恋の目的を達するため」という案を書き加えるようGHQに要請し、受け入れられました。

彼の努力が実った形の憲法9条と、アメリカの東アジア地域における影響力があってこそ、日本は廃墟から復興し、世界に輝く大国になったのです。

ただ、憲法9条は、ポジティブ・リスト(禁止を前提とし、例外的に許されていることのリスト)に基づいて自衛隊が活動するように義務付けています。そのため、阪神淡路大震災の時などは、自衛隊の活動制限のために、瓦礫から抜け出せぬまま焼け死ぬ人が続出しました。

これは本当に憲法の役割に沿っているのでしょうか?憲法をはじめとする法律は、国民の幸福のためにあるのではないでしょうか?

ただし、憲法9条が戦後日本に大きく貢献していたのも事実です。憲法9条の美学を残し、それをもっと生かすためにはどうしたらいいのでしょうか?

宗教的じみた護憲は、上記のような9条の問題点を踏まえると、時代にあったものとは言えないですし、安倍首相の改憲案のような改憲は、9条の死文化の恐れがあります。

それで、9条に関してはこのような改憲案がいいかと思います。

1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。(戦争放棄を謳った第1項は維持)

2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。ただし自衛隊の活動は、国民の生存権を守るためのものである限り、これを認める。(戦力不保持に加え、専守防衛を明記)

というものです。

こうすれば、戦後日本を支えてきた平和の元になった、戦争放棄の美学は残り、上記のような実害が消え去ります。

聖書では、「殺してはならない。」(出エジプト20:13)とありますが、同時に

「出て行ってアマレク(出エジプトの途上のイスラエルを襲撃した民族)と戦いなさい。」(出エジプト17:9)

というように、専守防衛を罪と断じてはいません。(侵略戦争については、ヨシュアのカナン遠征やダヴィデの軍事活動のように例外的に認められたものもありますが、基本的に上記の殺人と同じ扱いです。ダヴィデもその軍事活動ゆえに、エルサレム神殿建設に携われませんでした。)

みなさん、戦後70年余の今、右や左ではなく、前に進みましょう。

新年の辞 2018

みなさん、明けましておめでとうございます。

去年もいろいろなことがありましたよね。

特に第四次安部内閣の発足で、憲法議論がますます進むきっかけができました。

さて、世の中が目まぐるしく変わる中で、聖書は多くの人に多大な影響を与え、世界の歴史を変えるほどの影響を与えました。

実際、私たちが今使っている暦は、グレゴリオ暦という、イエスキリストの誕生の年を基としたものです。(実際はキリストは紀元前5年生まれです。この頃赤い巨大な星が観測されたことが、この時随一の天文学先進国の中国の記録書にあります。)

また、世界中に信者を抱えるキリスト教は、できた時から激しい迫害にさらされた来ました。信者に対する拷問、死刑は非常に多くありました。(今でも北朝鮮やイランなど社会主義国、厳格イスラム国家ではあります。)

このような、宗教に対する迫害はたくさんありました。しかし、キリスト教以外はことごとくそれに負けました。世界三大宗教の一つのイスラム教すら、軍事力に頼らざるを得ない状況に置かれ、戦争しかそれを克服するすべがありませんでした。(622年、メッカからメディナに逃れ、その後メッカを征服しています。)

また多くの人が、文学作品などを通し、あらゆる能力を使って多くの人にメッセージを伝えようとしましたが、一時的な喜びしか与えられていません。

しかし聖書の著者は、それぞれ違う時代にいた、一国の王から無学の庶民まで40人ほどいて、本当なら一貫性もない、まして世界の歴史を変えることができないはずです。

しかし聖書は、グレゴリオ暦やクリスマスなど、現代に生きている私たちが日常的に知っているものを多く作り出すほどの影響力を与えました。

新約聖書に、次のような箇所があります。

エスは、また別のたとえを話された。「天の御国は、パン種のようなものです。女が、パン種を取って、3サトンの粉の中に入れると、全体がふくらんで来ます。」

(マタイによる福音書13:33)

これは、イエスキリストがキリスト教信者(聖書では、教会と表現しています。ここからは教会と表現します。)について語られた言葉で、

科学技術

自然科学の発展の過程で、科学は知的な興味として自然の認識を主題としてきました。

しかし自然科学は多様な技術に応用が可能であり、両者が一体であるのは古代では認識されていました。

中世に入り、高等教育が盛んになるにつれ、両者の一線が画され、科学は知識重視となりました。

19世紀後半になると技術者の発明が社会の構造にまで影響を与えるようになり、その理論的考察も科学の重要な役割となってきました。

今では科学と技術が一体で、それを科学技術と定義しています。

人類はアダムとイブの堕落以来、農業を営んで生活してきましたが、アダムから七代目のレメクの子孫が文明を築き上げたことが創世記4章にあります。

レメクの三人の子供たちがそれぞれの分野を担当しました。

ヤバル:遊牧、牧畜の創始者。(ノアの大洪水以前は、肉食は禁じられていた。)

ユバル:弦楽器と管楽器を発明。(それまでは打楽器しかなかったと思われる。)

トバル・カイン:青銅器、鉄器を発明。(1987、トルコのノアの箱舟国立公園で発掘された。)

最近は、自然界にあるものを工業品に応用する動きも活発化しています。人間の作るものに大きな影響を与える自然界を作られた神の救いをどうぞ受け入れてください。心からお勧めいたします。

数学

数学とは、数及び図形についての学問と定義され、文明の発生期にはすでにありました。

古代エジプトのイムホテップ(メンフィスを築いたエジプト古王国二代目ジョセルので、中に7年分の食料を蓄えられる備蓄庫のあるピラミッドの設計者。どう見ても創世記のヨセフ)は、古代イラクの出身(すでに証明済み)で、そこからジグラットの技術を輸入しています。(一般的には太陽神ホルスのもとへ行く階段をイメージしていると言われます。ジグラットと作られた目的が一致しています。)

 

化学

化学とは、物質の性質・構造、物質相互間の化学反応を研究する自然科学の一部門です。

基礎的な研究を行う純粋化学と応用化学に大別され、前者は物理化学(理論化学)、無機化学有機化学、生化学(生物化学)、分析化学などに分けられます。

化学の歴史をまとめると、

4000年前ごろ 化学の研究が古代主要文明で始まる。

前6〜4世紀ごろ タレスデモクリトスの原子論、アリストテレス四元素説が唱えられる。

400年ごろ カトリック教会の迫害を受けてギリシア化学者がペルシアに大勢亡命。

1000〜1500年ごろ 錬金術(金以外の元素から金を作り出せるか試す学問)から始まり、

         ルネッサンス(文芸復興運動)で大発展する近代化学。

17〜18世紀 ボイル、ラボアジエなどが実験科学としての基礎を与え近代化学確率。

19世紀 ドルトンの原子説、メンデレーエフ周期表の完成、ウェーラーの尿素合成か

    ら始まる有機化学の隆盛、熱・電気・光学や統計力学など物理学の進歩に伴う

    物理化学の誕生

20世紀 量子力学を礎とし、化学結合の機構が解明される。また高分子化学や放射線

    化学・核化学などの新しい分野も生まれ、物理学や分子生物学などと密接に

    関わりつつある。

いずれにせよ、物質は創世記1:1の「地」のことです。

聖書ヘブライ語の「地」(エレツ)とは、物質という意味です。そしてその後の天地創造の記述が物質の重量などを忠実に反映しています。(詳しくは天体の項目へ)

ここにも聖書の真実があります。ぜひ聖書の題目であるイエス・キリストの救いを受け入れてください。心からお勧め致します。

出典元:EX-word 百科事典マイペディア-化学-

天体

天体とは、宇宙に存在する物体の総称です。(除地球)

流星は大気圏内の現象ですが、大気圏外のものなので天体に入ります。

また地球起源のものでも半永久的に大気圏外に打ち出されたものは人工天体(人工衛星)と言われ、天文学では地球も天体に入ります。

聖書では、天地創造の6日間のうち、天体(除地球)は4日目に創造されたとあります。(創世記1:14〜19)

地球はそもそも創世記1:1で創造されたものですから、天地創造の6日間以前に作られていたものです。

その中は地殻(地表から35キロ以浅。岩石が材料)、マントル(地表から35〜2900キロ、岩石と金属の液体でできている。)、核ことコア(地表から2900キロ以深、金属の液体でできていて、磁場を形作っている。ノアの大洪水で磁場が狂ったことが各地の遺跡で判明している。)に分けられます。また海流やプレート(大陸の項目を参照)など、陸や海の動きもあります。

おそらく2日目で鉄などの重い元素が沈んでコアの材料となり、酸素や窒素などの軽い元素が浮いて地殻となったのでしょう。

海流について、聖書では

空の鳥、海の魚、海路を通うものも。(詩篇8:8)

と書かれていて、海流の存在は太古から知られていました。

天体には、主に惑星、恒星、衛星、彗星、星団、星雲、銀河系、銀河などがあって、

これらを研究したケプラーコペルニクスなどは、そこに主のわざがあることを認めています。

なぜなら、地球が存在している場所は宇宙唯一のハビタブルゾーン(生命活動に適した場所)で、ここ以外はもはやハビタブルゾーンがないことがわかっていて、地球が何かに支えられることなくそこを外れないのが、偶然ではあり得ないと彼らは知っていたからです。

そして、聖書も地球について言及しています。

神は北を虚空に張り、地を何もない上にかけられる。(ヨブ26:7)

水の面に円を描いて、光とやみとの境界とされた。(ヨブ26:10)

あなたが生まれてこのかた、朝に対して命令を下し、暁に対してその所をさし示し、

これに地の果てをつかまえさせ、悪者をそこから振り落とさせたことがあるか。

(ヨブ38:13)

今から4000年前に書かれたこの箇所が、世界で唯一科学によらずに地球の真理について述べています。

このように、真実をそのまま書いている聖書の言う、イエス・キリストの十字架の死と復活の救い(このことは真実の救いの項目に書いてあります。)をどうか信じてください。心からお勧め致します。

出典元:聖書

    EX-word ブリタニカ国際大百科事典-天体-、-核(地球の)-、-マントル-

生物

生物とは、生命を持ち、成長・繁殖するものです。

通説では、真核生物(動物、植物)、真正細菌(古細菌以外の全生物と同じsn-グリセロール3-リン酸の細胞膜を持つ原核生物)、古細菌(sn-グリセロール1-リン酸のイソプレノイドエーテルの細胞膜を持つ原核生物)に分けられます。

動物の場合は、菌類、無脊椎動物(右記の生物と菌類以外の動物全般)、脊椎動物(円口類、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、哺乳類)に分けられます。

進化論では、これらがアメーバー(原核生物の一種)からそれぞれ派生したと考えています(「種の起源」より)。

創造論(聖書に基づく)では、世界は六日間で作られたと考えます(ちなみに聖書を原点で読めばはじめにあった世界が天使の長ルシファーの反逆により荒れ果てて水に帰し、ルシファーはサタンとなったと解せる)。順番をかくと

1日目 光が創造され、夜と昼が誕生する。(そのためユダヤ暦は1日のはじめは日没)

2日目 水の一部が分離し、酸素(水に帰した原始世界の材料であった窒素などとともに大気圏を構成)と水素(上の水。これがノアの大洪水で崩落した。これがあった頃は地球の陸上全てが緑だった。南極などで植物の化石が大量に見つかるわけ)になる。

3日目 陸(詳しくは天体の記事で)が生まれ、植物が芽生える。

4日目 天体が創造される。

5日目 水生生物および空中生物(つまり水中、空中で生きる動物全般。両生類は水中で育つからこれに含まれる。)が創造される。

6日目 陸生生物(陸上および地中で生きる動物全般)と人(神との交わりの中で生かされていたが、のちに神に禁じられた善悪の知識の木の実を食べ自力で生活することに。このことは社会の記事で詳しく)が創造される。

 と言うように考えております。

進化論は科学的根拠はなく、ダーウィンの推測から書かれたものです。

一方創造論は、上記のように科学的根拠が豊富で、コペルニクスケプラーなどの先人たちもこれを証明しています。

なので、この世界を創造され、私たちを愛し、イエス・キリストをこの世に遣わされた神を信じ、その救いを受け入れてください(真実の救いの項目を見てください)。心から、オススメしたいと思います。